zwei-chorの日記

混声合唱団ツヴァイの練習Blog

10月19日の練習

☆夢みたものは 助詞は弱く。 2ページめ中段の男性主旋律、音程。 声を揃える という事をメインで歌い込みました。 「着飾って」の「き」の子音をしっかりと ☆北海道物語抜粋 函館の女、、、、ノリよく、声も解放的に伸びやかに出したいですね。 霧の摩周湖…

10月12日の練習

① 襟裳岬速さに慣れる練習。 27ページ終わりのアルト・バスの「だまり」をシッカリと。縦ノリにならないように。横に流れるように歌う ② 霧の摩周湖男声ソロ(男性全員で練習)、「きりに」の「に」が低くなるので気をつける「ちぎれた」から、テンポが遅…

9月28日の練習

① 襟裳岬 少しテンポアップしました。27ページの下段「いるうち」、豊かにうたう245小節目のアルト、バス「Hum」弱くから歌い始める29ページからは、リズムをハッキリ。16分音符の ② 函館の女1小節を2つでとります。リズムに乗りましょう ③ 夢み…

9月21日の練習

♪ 襟裳岬 ピアノの伴奏の「ズズチャチャ」をよく意識しましょう。26ページの下段「だんろで」の「で」、柔らかく歌う。28ページ下段248小節、クレッシェンドを入れます。「なにもない・はるです」は、切らずに「なにもないはるです」さらりと歌いまし…

9月14日の練習

① だれかが風の中で26ページ、ソプラノ「みちはかわき」の響きが落ちないように27ページ下段男性「今日は旅を一人」の「きょ」「た」「ひ」をしっかり。 ② 函館の女4ページ下段のアルトの音、要注意。響きが浅くならないようにしましょう。 ③ ソーラン…

9月7日の練習

1:だれかが風の中で 28ページ下段、男声「きっと」の「き」のピッチを揃えましょう。 29ページ中段、男声「風のなっかで〜」と詰まらないように。「風のなかで」にしてね。 女声、「まっていえる」の「まっ」詰まりすぎて、響きがなくならないように …

8月31日の練習

だれかが風の中で ① 前奏を聞いている間、拍を感じましょう。歌に入ってから遅れます。 ② 28ページ下段の男声「きっと〜」の箇所、女声は、mfをp に書き替えて、とても弱くから歌い始めましょう。 ③ 29ページの50小節目、クレッシェンドをしっかり…

8月24日の練習

北海道物語① 函館の女の冒頭「Ah」はシッカリと② 2ページめの男声「はこだてへ」の「へ」にアクセントつけない③ 北海盆唄の冒頭「はぁ」はシッカリと④ アルトの掛け声をシッカリと⑤ 53小節目のアルト以外「あーれどよ」の「よ」は弱く。⑥ 10ページの「…

8月17日の練習

① 夢みたものは 8小節目4拍目「やまなみの」から音取り。「やまなみの」は弱くから歌い始める。「あちら」が豊かに歌えるように。「しずかなむら」の「む」をちゃんと発音しましょう。「ひがさをさした」の「ひ」がつぶれないように。「おおきなまるい」の…

8月10日の練習

① 襟裳岬 音取りしました 26ページ下段「かなしみを~」の「を」をクレッシェンド。 27ページ下段、「なやんで~」女性のクレッシェンドを「で」からつける。男性もそれに合わせる 27ぺージ下段男性(特にバス)「おいぼれてしまうから」、レガート、…

8月3日の練習

① 函館の女1ページ目の「Ah」、響きを縦に「はるばる」の「は」子音をしっかり。「はこだてへ」の「へ」にアクセントをつけない。5ページ上段「あとは女といいながら」の「ら」、「後ろ姿で泣いてた君を」の「を」を柔らかく ② 襟裳岬 22・23ページ音…

7月27日ブログ

① 「だれかが風の中で」 出だしの「ど」をシッカリと。「どこかでだれかが」の「だ」がずれないように。 2ページ目の下段、男声、「いつまでも」の音が下がらないように。28ページ下段〜29ページ、アルト、響きを高く② この道 音の確認をしながら、練習…

7月20日の練習

① だれかが風の中で始めの4小節は顔を上げて歌いましょう、テンポが揃うように26ページソプラノ「きっと」滑らかに。26ページ下段の男声「ひはいつまでも」の「ひ」の発声。28ページ下段「きっと」男声、「と」の響きを高く。② この道通しただけ。来…

7月13日の練習

① 函館の女音取りしました。4ページめの上段、男声「はこだてへーはこだてへ」は、ノンブレス。一息で。5ページ下段「おもいだすたび」の「す」は、無声音ではなく、有声音5ページ~、特に男声、リズムに気をつけましょう。5ページの下段、男声、音が取…

7月6日の練習

① 木枯らし紋次郎 男声「どこかで、だれかが」の「だ」のタイミングを揃えましょう 29ページ中段、男声「なかで」が「なっかーで」と詰まって聞こえるので、滑らかに「なかーで」② この道 音の確認。復習 ③ 霧の摩周湖男声の主旋律、揃えましょう。23ペ…

6月29日の練習

① 木枯らし紋次郎 7月9日の訪問演奏では、53小節まで演奏します。 33・34小節目、女声弱く。45~も。男性をひきたてる。 ② この道 通しただけ③ 霧の摩周湖④ 「きりに~だかれて」の「き」の子音をシッカリ。 22ページ下段、女声、3小節目が山に…

6月22日の練習

① 木枯らし紋次郎 繰り返しで戻った26ページ以降、2番の歌詞によるリズムが変わるところの確認中心。29ページの56小節~64小節、6月15日暗譜済! ② 霧の摩周湖22ページの下段の女性「Hum」、2小節単位で<>(だんだん大きく、だんだん小さく…

6月15日の練習

① 木枯らし紋次郎 最後まで音を取りました。 繰り返しで戻った26ページ以降、2番の歌詞によるリズムが変わるところがあります。 だんだん慣れましょう。 29ページの56小節~64小節、暗譜しました! ② 北海盆唄53小節目 「ヨー」弱くして、アルト…

6月8日の練習

① 木枯らし紋次郎 (53小節目まで)冒頭4小節、「どこかでだれかが」、一息で歌えるように、目標にしましょう。27ページ「ほほえみにはあったこともない」~、男性、力まないように、焦らないように。 ② 霧の摩周湖 ざっと、音をとりました。「霧に抱か…

6月1日の練習

① 木枯らし紋次郎55小節目まで、音をとりました。51小節目の「まっている」の「まっ」、詰まりすぎないようにしましょう。とりあえず、音に慣れましょう。 ② ソーラン節~北海盆 通しただけ ③ 霧の摩周湖 始めの4小節だけ、音をとりました。 24ページ…

5月25日の練習

① ソーラン節~北海盆 音の確認♪ 「わたしゃたつとり」← かもめ! ブツブツきれないようにしましょう。♪ 北海盆唄 冒頭の声をお腹から。 ② 霧の摩周湖 始めの4小節だけ、音をとりました。 ③ 木枯らし紋次郎 音の確認だけをして、歌いこみ♪ 2ページ目の中段…

5月18日の練習

21日訪問演奏曲 ① 子連れ狼 通しただけ② ソーラン節~北海盆♪ ヤーレンソーラン~ 冒頭からシッカリ声を出しましょう♪ 9ページのアルト、「ハソレカラドシタ」忘れずに。しっかりと。♪ 女声、「おらがな~」から、柔らかくうたう。「ソレサナ」からしっかり…

5月11日の練習

① ソーラン節~北海盆唄主に、ソーラン節の音の確認。 7ページの上段、「わたしゃたつとり」 弱くから歌い出しましょう。 7ページ下段「ヤサエーエンヤー」の「ヤ」「イヤ」とイをつけてシッカリと。 ソーラン節~北海盆唄 通しました。 21日の訪問演奏…

5月4日の練習

① ソーラン節~北海盆唄 音の確認。 ♪ 北海盆唄の53小節めからのデクレッシェンド(だんだん弱く)をしっかりつけて、アルトの「ハソレカラドシタ」をひきたてましょう。 ♪10ページ上段63小節~のクレッシェンドをしっかりと ② だれかが風の中で♪ 34…

4月27日の練習

① 子連れ狼ソプラノは1・3番ともに最後の「まだみっつ」の「つ」、男性・アルトは1・3番ともに「しかくぞな」の「な」の響きが、伸ばしているうちに浅くなったり、低くなったりしないようにしましょう。 36ページ中段「雨風こおって」、男性、冒頭から…

4月20日の練習

① ブルー・シャトー 1:「ぶるー・ぶるー、ブルー・シャトー」は、はじめの「ぶるーぶるー」をメゾフォルテに、「ブル・シャトー」は弱めに 2:「きっとあなたは」のテノール。高めにうたいましょう。 3:「なみだをそっと流すでしょう」の「を」は、pp…

4月13日の練習

① 子連れ狼 イントロ・間奏の「Lu Lu」を丁寧に。 ② この道 2番・3番を中心に。 男性の「あのおか」 の「お」をハッキリ。 ③ ブルー・シャトー 細かく練習しました。 「涙をそっと流すでしょう」は思いっきり小さく。 ④ 365日の紙飛行機 最後のリズム…

4月6日の練習

① 子連れ狼歌詞が出てこなかったり、、、、色々でしたので、もう一度、楽譜を見直して練習しました。 ② 365日の紙飛行機 最後の音をもう一度確認 ③ 時代 冒頭の男性、縦のリにならないように、横流れで歌いましょう。 6ページ、男性が主旋律のところ、「…

3月30日の練習

「ソーラン節」を音取りしました。 ① 3小節目の4拍目 4分音符の「ラン」は、8分音符2つにして「ラ・ン」と歌います② 35小節目の「わたしゃ」の歌い出しに「p(ピアノ:弱く)」を書き入れてください。 「ブルーシャトー」ゆっくり・細かくうたいまし…

3月23日の練習

特にポイントの曲のみ ① 「この道」 1番、ソプラノ、「いつか来た道」の「みち」の響きがつぶれないように 3番、男性「あのおか」の「お」が目立つように ② 「ブルーシャトー」 ♪ 「ブルー」のウの母音がつぶれないように ♪ 「しずかにねむる」が「しずか…