読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zwei-chorの日記

混声合唱団ツヴァイの練習Blog

12月12日練習内容

(1)ジングルベル (鈴がイントロ前に入ります)
①「ジングルベル~」、1・3拍目をハッキリ歌うようにしましょう。「ジんぐーべー ジんグーベー」
 
(2)赤鼻のトナカイ(1回通しました)
①ユニゾンで歌います。 「1ー(1カッコ)を歌わず、「2、(2カッコ)に 。
②「トナカイさんは」の「は」を明るく。
③男声「お前の鼻が 役に立つのさ」の「や」にアクセントをつける。
④「2、(2カッコ)の「よろこび」の「よ」をハッキリと。
 
(3)
荒野のはてに(4番まで歌います
①ソプラノ+テノール、アルト+バスの声をよく揃えましょう。
②「はてに」「おちて」「しらべ」といった、メロディの音が下降している時、暗くならないように。
③「グローリア」の「グロ~」を明るく。栄光という意味なので。
④「グローオオオオ…リア」息が足りない時は、胸を張って歌う。
⑤3・4番の冒頭4小節のソプラノ+テノールは、弱く歌う。
⑥一番最後「インエクセルシスデーオー」の「オー」は遠くを見てる感じで7拍伸ばす。
 
(4)
ホワイトクリスマス(全員)
① A「I’m」の伸びた音は次の「Dreaming」に繋げるきもちで、少し膨らましましょう。やわらかく。(Bも同様)
② 同4小節目の「クリスマス」の語尾を明るめに。
③ glisten、listen をちょっと強調。
(34ページ)の2段目Bから、ハモります。それまではユニゾンです。
⑤ 最後のページ3小節目「bright」、伸ばしながらクレッシェンド。
⑥ 最後はだんだん遅くするので、指揮を感じましょう。
 
(5)アメージンググレイス
① 「2、(2カッコ)の男声「アアアアアー」は頑張りすぎない。伸びやかにちょっとデクレッシェンド
 
(6)花は咲く
①言葉がわかるように歌いましょう。
②「誰かの」の「だ」を明瞭に。「どぅあ」と聞こえるので。
③最後の「いつか恋する」の「こ」がもう少し分かるといいですね。
 
(7)
ハレルヤ
① 細かな「ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ、ハレルヤ」4回、数える!
② 最後のページ、ソプラノ「キング オブ キングs」は、トランペットのようにハッキリ。
 
(8)もろびとこぞりて(女声・テナー・バスの3部合唱)
①女声:メロディ(主旋律)なので顔を上げて歌いましょう。
テノール:「うちくだきて」の「ち」に力が入り過ぎるとハモらない。