zwei-chorの日記

混声合唱団ツヴァイの練習Blog

5月17日の練習

ずいずいずっころばし

全体的に響きが浅くならないように

トッピンシャン をお腹使ってしっかりと。

おっとさん、おっかさん 音つまる。

井戸のまわりで お茶壺道中に見つからないように小さく。

39小節めの女声、ドンドコショ のショー 音下がらないように。

荒城の月

3、4番歌い込み

通りゃんせ

12ページ、1段目だけ音とり

5月10日の練習

14日の訪問演奏曲の中から

「だれかが風の中で」「知床旅情」「虹と雪のバラード」「襟裳岬」は通す程度で。

 

特に練習した曲

「ずいずいずっころばし」

     出だしの男声、大きめに。

     「ずいズイ」の「ズイ」の音程をしっかり上げる。

     「トッピンシャン」の「シャン」の響きをつぶさないように。

     9小節目の「チュウチュウチュウ」「ウ」の16分音符を意識する。

     11~12小節、しっかりだんだん大きく。

     15小節~18小節、全体的にもっと弱く。

     22・23小節 テノールの音程。

     24小節の「トッピンシャン」は全員大きく。

     26~ソプラノ、速くならないように

     34小節~バス&アルト「ずいずいずい」「ず」の声が浅くならないように

     40~43小節、女声の伸ばしている音、弱く。

 

「荒城の月」

前奏は来週、よく練習します。

     1番の出だし、弱くから

      21小節目のテノール、ラ♮ 高めに

     2番の出だし テノール 「じん」を高めに。「えいの」の響きが浅くならないように

     「しものいろ」バス音程。

     3番 ppの歌い方。体はシッカリと支えて。

4月26日の練習

知床旅情

歌い込み。3番の男性の歌詞、18ページ「峠を越えて」の「と」をしっかり。

虹と雪のバラード

繰り返しを忘れずに

霧の摩周湖

テノールソリ、慌てない。

ソーラン節〜北海盆唄

出だしの「やーレン」の「や」、縦の響きで。

北海盆唄のアルト「それからどした」、「どした」までシッカリと。

ずいずいずっころばし

女性3拍子の手を叩きながら19ページの ずいずいずいずい を言ってみました。

チュウをしっかり出す練習。全パートシの音で、何回も。

「だーれ」17小節、声が浅くならないように。

荒城の月

各パートの音程、チェック。1、2番中心。

2番のてりそいし かなり滑らかに

3番、リップトリル(唇ブルブル)で練習。

iPadから送信

4月19日の練習

♪だれかが風の中で 通しただけ

知床旅情 3番の音の確認

♪ 函館の女 通しただけ

♪ 虹と雪のバラード 繰り返しの確認

霧の摩周湖襟裳岬 霧ののはじめはテノールのみにします。

♪ 心の〜 「ひとみ」の「ひ」の子音。ブレスの確認。

167ページの中段、八分休符を意識して。下段からしっかり大きく。

♪ソーラン節〜北海盆唄 思い出した

♪夢見たものは テンポアップで歌ってから、いつもの速さで歌いました。

弱くするところを確認。無駄に力むところがないように。

♪ ずいずいずっころばし

冒頭男性、特にテノールの音程、女性冒頭の音程に注意。

トッピンシャン の シャン の響きがつぶれないように。

俵のねずみ バス もっと弱くから

米食ってチュウの チュウ の音。

おっかさん のお の響きをつぶさない

お茶碗かいたのだーれ の だ 縦の響き

ずいずい は口を動かすつもりで、潰れた響きにならないように。

4月12日の練習

  知床旅情 の楽譜に3番の歌詞を付け加えました。【重要】

  虹と雪のバラード、歌い終わったら14ページの上段の最後「ぼくら」に戻ることになりました。1コーラス半にします【重要】

 

    知床旅情

3番の音の確認をしました。

   1番歌い終わったら、即3番です、間奏はありません。前奏は2小節です。

     虹と雪のバラード イントロ2小節付けました。北の国からに繋げません。

     だれかが風の中で 通しただけ。出だしシッカリ。

     ずいずいずっころばし  声が浅くならないように。 一部音の確認。ハミングは口閉じです。

     荒城の月 訪問演奏はイントロカット。 「春高楼の」「は」弱く。

 「花の宴」「え」をシッカリ。

 「千代の松枝」の「ち」の子音をシッカリ。

   ●「よ」(夜半の月)の「よ」、唇を横から素早く縦に動かして「よ」をハッキリ。

   

     夢みたものは 音が下がってしまったので、緊張感を失わないように。

 

4月5日の練習

♪だれかが風のなかで

男声の声を揃えるように。。。。

『ひはいつまでも』のリズム、『今日はたびをひとり』のリズム、

『きっとおまえは』の響きを揃えましょう。

♪ 函館の女 通した

♪虹と雪のバラード 気になったところ、音確認

霧の摩周湖 男声のソロのところ、3連符を慌てない

213小節からのアルト、しっかりクレッシェンド

襟裳岬 通した

♪ 心〜 歌詞を味わいながら歌いましょう。 言葉を滑らかに歌う。

最後の段は、少しゆっくり歌いましょう。

♪ ずいずいずっころばし 音の確認

♪ 荒城の月 音の確認しながら。

『春こうろうの』、は 少し弱くから

2番は次回、じっくり練習します。

3番、4小節一息を忘れずに。

4番しっかり歌いましょう。最後のページ上段の『いまいずこ』の『こ』クレッシェンドしましょう。

3月29日の練習

♪ 心の〜

歌詞にまだ慣れていないので、歌い込み。

『瞳でー』の『で』、響きを落とさないように。

書いてあるブレスを守って、途中で吸わないように。

♪荒城の月

音の確認。

1番、4番は2小節単位のフレーズで、クレッシェンド、デクレッシェンドを。

1番『ちよのまつがえ』、4番『たがためぞ』の『が』鼻濁音。

1番『かげさして』の『て』、響き落とさない。

2番『あきじんえいの』の『え』に力入れないように。陣営 じ が大事。

3番は、基本的に4小節でブレス。

♪ずいずいずっころばし

歌い込み