zwei-chorの日記

混声合唱団ツヴァイの練習Blog

10月19日の練習

☆夢みたものは

助詞は弱く。

2ページめ中段の男性主旋律、音程。

声を揃える

という事をメインで歌い込みました。

「着飾って」の「き」の子音をしっかりと

☆北海道物語抜粋

函館の女、、、、ノリよく、声も解放的に伸びやかに出したいですね。

霧の摩周湖、、、、冒頭の主旋律の響きを高めに。「きりに」のキの子音をシッカリと。

霧の摩周湖襟裳岬へのつなぎの歌い方

襟裳岬、、、テンポに慣れる。

ということをメインで歌い込みました。

iPadから送信

10月12日の練習

    襟裳岬

速さに慣れる練習。 

27ページ終わりのアルト・バスの「だまり」をシッカリと。

縦ノリにならないように。横に流れるように歌う

 

    霧の摩周湖

男声ソロ(男性全員で練習)、「きりに」の「に」が低くなるので気をつける

「ちぎれた」から、テンポが遅くならないように。

25ページの歌い方、「る〜〜〜 Hum― 休休 HumHum」 最後の「HumHum」は「カッコー」のリズム。「Hum」と「Hum」の間を開ける。

そして、最後は4拍で切る

 

     ソーラン〜北海盆唄

北海盆唄の「エーンヤコラッヤ」の「エーン」が「エンー」に戻ってしまったので、要注意

 

     函館の女

2拍子のつもりで、体をゆらしてもOK

 

     夢みたものは

言葉で歌う。助詞を小さく。

「山並みのあちらにも」は情景描写なので、遅くならないように。

 

  曲のそれぞれに声のことを言いました。

9月28日の練習

     襟裳岬

 少しテンポアップしました。

27ページの下段「いるうち」、豊かにうたう

245小節目のアルト、バス「Hum」弱くから歌い始める

29ページからは、リズムをハッキリ。16分音符の

 

     函館の女

1小節を2つでとります。

リズムに乗りましょう

 

     夢みたものは

言葉の流れで歌うように。小節線がないつもりで。

5・6ページ「おおきな」の「な」を小さく。バスも。

  助詞は必ず弱く

 

 

9月21日の練習

♪ 襟裳岬

 

ピアノの伴奏の「ズズチャチャ」をよく意識しましょう。

26ページの下段「だんろで」の「で」、柔らかく歌う。

28ページ下段248小節、クレッシェンドを入れます。

「なにもない・はるです」は、切らずに「なにもないはるです」さらりと歌いましょう。。「なにもない」が強調されて変。

30ページ下段は、口の中「お」で、唇を閉じ、ハミングで歌います。

暗譜しました

 

♪函館の女   暗譜しました

 

♪函館の女〜襟裳までつなげました

 

♪ ゆめみたものは

音は分かってきたので、言葉で歌いましょう

「ゆめみたものは」の「は」小さく。 タイトルは、「夢みたものは・・・・・・」「・・・・・・」があることに意識を。

ページの変わり目「あかるい」の「い」を小さく。アクセントが付いてしまっています。

22小節目の「うたを」の「を」小さく。

26小節目の「まるい」は「まるう」としばらく歌って練習。

「わをかいて」の「わ」のタイミングを揃える。

35小節「あおい」の「い」を弱く。

「ことり」の「り」を小さくすると、可愛い小鳥の雰囲気になります。

41小節目のバス「ねがったものは」、音型のまま歌うと「は」が大きくなりますが「ね」をシッカリ出して、「は」は柔らかく。

 

9月14日の練習

     だれかが風の中で

26ページ、ソプラノ「みちはかわき」の響きが落ちないように

27ページ下段男性「今日は旅を一人」の「きょ」「た」「ひ」をしっかり。

 

     函館の女

4ページ下段のアルトの音、要注意。

響きが浅くならないようにしましょう。

 

    ソーラン節〜北海盆唄

ソーランソーラン、、、重く。大漁をイメージして

北海盆唄の10ページ4小節目「エーンヤ」の「エー」を「エンー」にならないように

 

     霧の摩周湖

23ページ1小節目、女声クレッシェンド を付け加えます。

24ページ上段「きりに」の「に」、「だかれて」の「て」は柔らかく、優しい声で

25ページ、全員「p」(弱く)を忘れずに。 その後、バスだけクレッシェンド(だんだん大きく)

Hum 吸う Hum 吸う Hum」吸います。

 

     襟裳岬  リズムを揃えることを優先に。

 

     この道・ブルーシャトー・ゆめみたものは

    通した程度

9月7日の練習

1:だれかが風の中で

  28ページ下段、男声「きっと」の「き」のピッチを揃えましょう。

  29ページ中段、男声「風のなっかで〜」と詰まらないように。「風のなかで」にしてね。

  女声、「まっていえる」の「まっ」詰まりすぎて、響きがなくならないように

 

2:函館の女  暗譜した。

  出だし、シッカリと。

  5ページ男性「後ろ姿で泣いてた君を」滑らかに

3:ソーラン節 暗譜した。

   ソーラン  は、「ソ」にアクセント。

   「わたしゃたつとり」をう〜んと小さくから歌いだす。「チョイ」はしっかりお腹を使う。

    「ドッコイショ」の「ド」にアクセント

4:北海盆唄  通しただけ

5:この道  音の確認。  速さが走らないように

6:霧の摩周湖  ソロをMさんにやってもらいました。 それに合わせて、女声の「Uh」の音量を考える。控えめすぎないように

  24ページ「せつな」はしっかりアクセントをつけて、「い」は柔らかく。

7:襟裳岬  28ページ終わり「何もない春です」は一息で。

      29ぺージ上段、女声「友達が」のリズム注意。

      30ページ上段の(V)は消してください。「‘」のところで、吸います、カッコブレスでは、吸わない。

8:ゆめみたものは  各パートの確認

8月31日の練習

だれかが風の中で

 

     前奏を聞いている間、拍を感じましょう。歌に入ってから遅れます。

    28ページ下段の男声「きっと〜」の箇所、女声は、mfをp に書き替えて、とても弱くから歌い始めましょう。

    29ページの50小節目、クレッシェンドをしっかり。

 

ブルーシャトー

思い出しました。

 

この道

思い出しました。 1番の最後、女声、男声の「あのおか」の歌い出しまでしっかり伸ばす。

テンポが走ったところがあるので、指揮をみて。

音をCDなどで復習しておいてください。

 

北海道物語

「函館の女」 テンポを速めました。 暗譜しました。訪問演奏でも暗譜。

霧の摩周湖」23ページ下段「あふれるなみだ」を「あっふれる」と聞こえるので、注意。

       24ページ下段「せつない」の「い」にはアクセントないですよ。

襟裳岬」 26ページ下段「だんろで」の「で」弱く。

28ページ下段「何もない春です」は一息で。

      最後の4小節の音確認

 

夢みたものは・・・

          5ページ上段まで、暗譜しました。

          詩の行の頭を弱くから始まり、終わりを弱く終わる。

          「・・・・・・・・・・がある」の「がある」は弱く。